第一部 神経症による緊張・不安・心配・恐怖・暗鬱・無惨・絶望・劣等感・焦燥感の日々(暗黒期)

 

すべてを書いてあるわけではありません。抜粋して書いていますが、それが起きている間はずっと、それと似た思いをいつもしていたわけです。よく似ている方は、辛いと思うかもしれません。
でも、そんな私でも良くなった事実があるので、希望を持って下さい。
元ネタは私が受けた心理プログラムでやったルーツ分析メモからです。

私の社会不安障害・対人恐怖症などの症状 

社会不安障害(対人恐怖症・あがり症・手の震え・視線恐怖症・表情恐怖症・赤面症・自律神経失調症・不眠症)・うつ病

たくさんありますが、対人恐怖がすべての元でした。人に対して意識とは正反対に異常に緊張してしまいます。それを強化してしまってきたのが私の前半生です。
 
発症時期
高校一年生(16歳)から。小学生の時から対人恐怖症の要素はあった。生きていくこと自体がきつくなったのが高校一年生でした。
まさに自意識の芽生える思春期の罠ですね。最初はわけもわからないで、神経症にひたすら堪える日々でした。原因がわからなかったのがつらかったですね
 
通った心理療法
精神科・心療内科・カウンセリング施設・ヒプノセラピー・森田療法など。それに費やしたお金と時間は、すべて無駄でした。
得るものを見いだせなかった私にも原因があります。ただどの方法も対人恐怖症や社会不安障害の悩みを解消させる威力がなかったです。本物はどこにもいませんでした。いないから本物といえるかもしれないですが……後に克服した方法と比較したらアマチュアレベルばかりです。プロを装っていますがそんなレベルばかりです。
いかに神経症の克服が難しいかを表してもいます
 
私の各神経症を克服できた理由
とある心理プログラムの神経症克服プログラムを教えてもらい、通いと合宿に参加したため。効果や威力、アビリティ、密度、切れ味、驚き度といったものが全然違います。本物と会えたことが何よりうれしかった。
これぐらいの威力をぶつけなければ神経症は好転しないと断言します。絶対にそうです。潜在意識からの解決、そして私自身の認識の改革と人生を対人恐怖症、社会不安障害でムダにしたくないという強い思いが結果に導きました。

 

目次
学生時代の思い出−小学生まで
学生時代の思い出−高校生の途中まで(神経症以前)
学生時代の思い出−高校生
学生時代の思い出−大学生
対人恐怖症と鬱病が!(嬉) 治るきっかけを作ってくれた先生と出会う

 

学生時代の思い出−小学生まで

幼児期の頃から、ああしろ、こうしろ、恥をかくな、良く思われろ、という教育を受けてきた。人目を気にしやすい母親・厳格で融通がきかない感情を表に表さない父親のもとで育った。
当然、誰よりも人目に敏感になり、自己主張もできません。感情の発散自体が恥ずかしいことと思って生きてきた。兄弟もみんな似たような性格を持っている。
でも、ここまではまってしまったのは私だけ…。何が差を分けてしまったのでしょうか。でも今は兄弟も少なからず悩みを抱えているようです。神経症とまでは至っていませんが。

いつもどこかに窮屈な感じをして生きてきた。クラスメートとも、話がしっくりいかない子供とは、絶対その後しっくりいかなかった。
自分を受け入れてくれる子供だけ友達になったが、自分が苦手だな、と思った同級生とは絶対、うまく喋られなかった。気持ちがどうしてもついていけなかった。年上の人や先生ともうまく喋られなかった。
なにか喋らなきゃ、暗いと思われる、変に思われる、という気持ちが子供の時から強かった。だから喋ろうと話しかけようとする。
だけれども、よけい何を言っていいかわからなかった。でも話したい。余計窮屈感を覚えた。
子供らしいところもあったけれども、幼くして、はまるベースを着々とはぐくんでいた。なんか生きづらいなと感じていたことは確か。
でも子供心に楽しいこともたくさんあったけれど。

友達やクラスメートにちょっかいを出されるようになった。一応友達だったやつだが、いつも私のことを無口だの、もっとしゃべれ、だの言う。また目が潤んでいるので、なんで泣いているの? なんてよくいわれた。
そこが視線を意識、眼を意識する原因となったのかもしれない。その悪友だけではなく、別の奴にも言われたから、そうなのかな、とよけい自分の目を意識した。
ともかく、そいつの言うことがすべてが、私に対する当てつけに思われた。だからいつもそいつがいると身構えた。人のいうことの裏を考えるようになった。人の投げかける言葉をすべてマイナスにとってしまうように。

どうしたら言われないようになるか、いつも心を砕いていた。余計居場所がなくなるというか窮屈感が増した。
でもそいつとはつきあわなきゃいけない。そのちょっかいや当てつけに対して、がつんと言ってやりたい。でもできなかった。
よけい不満がたまったし、それが言えない自分が情けない。さらに、そいつの友達までが(私とは親しくない)私にちょっかいを出し始めた。
なんでこいつにまで言われなきゃならないんだと思った。プライドが傷つけられた。爆発しそうだった。でも我慢した。そんな自分に嫌悪感を持った。抑圧をため続けていた。
家でも同じ感情を抑圧されることを親からかけられていた。でも発散できるほど、人慣れしていないし、感情を出せないから、よけい内面に不満をため続けた。
岩波先生に出会うまでずっと抑圧のはけ口がなかった。だから神経症になるしかなかった。今から考えても恐ろしいことです。

一人で遊ぶことが好きだった。ホッとした。空想ごっこをして遊んでいた。両親もそんな自分に不安を持っていたらしい。
強い子にしようと、習い事を無理矢理させられた。見知らぬ環境が本当に本当に嫌でたまらなかった。通うのが嫌で良く泣いた。通うまでの車の中はとても暗鬱だった。
みな自分を嫌っているように思えた。他の人が楽しくやっているのを見ると、そうなりたい気持ちがあったけれども、できない自分が惨めに感じた。どうしたらあんな楽しくできるんだろう、と思った。母親はそんな私を不満に思っていたと思う。いろんなところに通わせられた。たぶん、そんな息子を持っていることが、人目に悪く映ってしまうからだろう。年を重ねるにつれて、人の評価を必要以上に気にするようになっていった。
親は親でこんな性質の子供に仕立てておいて、自己主張できないことをなじったりした。言われるがままだった。

学校は楽しくなかった。楽しいときもまあまああったが、トータルでみれば、やっぱり高校生に神経症という悪魔におそわれるだけの材料はたくさん収集していた。だからきつかったと言えると思う。いつも自分を守り続けていた。

異様に人からの評価が怖かった。通知票が怖かった。保護者面談が怖かった。
●●くんってさ、という会話が聞こえてくると、自分の評価を下されるんじゃないか、と怯えた。クラスのどこからか、自分の名前に似た言葉、発音が聞こえると、私の噂をしているんじゃないか、と不安になった。実際悪口も聞こえてきた。だから余計気になった。
人の顔色をいっそう伺うようになった。そんな自分がやっぱり窮屈で、年を重ねるごとにどんどん居場所が無くなっていった。ますます気持ちが萎縮していく。この頃から自意識がもっと芽生えたら確実に対人恐怖症になってしまうルーツは出来上がっていました。

中学受験をすることになった。自分だけ違う進路に行くと、クラス中の生徒になにか噂されたり、疎外されるんじゃないかと怯えた。こんなくだらないことまで気を病んでいた。人と違ったことをしたくなかった。
当時は私立中に行く比率がすくなかったため、そんなことをしたくないと思った。でも、中学で、違う環境にいける喜びがあった。窮屈なこの状態から抜け出したい気持があったから。

近くの進学塾に通った。5年生からだ。でも一年ちかく、ほとんど友達ができなかった。話しかけるきっかけがなかった。みんな自分より前から入っている人ばかりだったから、私が話しかけると変に思われはしないか、と気にしていた。
その後、あとからはいってきた人と仲良くなり、それがきっかけで、他の人とのなじめるようになってきた。それに受験勉強という目的があったから、少しは楽だった。私の生活態度や内面をみられなくてすむから。
とはいっても、やっぱり対人恐怖的な症状は、すでにあったし、小学校ほどではないにしろ、人目を気にしたり、自分の名前に似た発音があると、やっぱりここでも言われちゃうのかな、とおもって、暗くなったときが何度もあった。
受験勉強はけっこう頑張った。だから学校では成績も良かった。

うんこをクラスで漏らしてしまったことがあった。トイレに行きたい、と言えなかったのだ。だからついに我慢できなくなって、出てしまった。
終わりのホームルームの時で、みんなくさい、くさい、といった。もう死にたかった。消えたかった。ただ嵐が過ぎるのをまっていた。結局、犯人がわかることなくおわった。(周りの奴は知っていたかもしれない)。
私はすぐ泣いて帰った。恥ずかしいことを我慢したら、余計恥ずかしい目に遭ってしまう。このルーツ分析をしていて、一時の恥を堂々とかけるきっかけになった過去の出来事でもある。これを反面教師にした。

話を戻すと、その後、犯人がわかってしまった。椅子にある防災用の頭巾クッションの臭いでわかったらしい。翌日ばれるのが凄く怖かった。ばれているんじゃないか、と怯えていた。
もう一生学校に通いたくなかった。当然、朝の登校時から、私を見る目がみんな違う。いかにもさげずんだ、馬鹿にした、にやついた顔ばっかりだった。クラス中噂になっていた。いたたまれない気持ちで席に座った。
あれだけ、みんなに変に思われることをしないように決めていたのに。防災頭巾は無くなっていた。担任の先生が捨てていた。誰も話しかけてくれる奴はいなかった。その後、あからさまに無視する奴が出た。
すべて自分が悪いんだと思って、耐えていた。よけいクラス中の話し声が、自分を責めたり笑ったり、悪口を言っているようにそのとき以来、いっそう聞こえた。悪友の一人が別のクラスにも教えまくった。惨めだった。
当時不登校は一般化していなかったため、必死で耐え続けた。

トレイに行きたいのをを我慢して漏らしてしまったことがそれ以前にもあった。何か発言するとまずいんじゃないか、恥ずかしい、と思って我慢に我慢を重ねた。つまり、自己主張が全くできない子だった。小便をもらして、水だ、と嘘をついたこともあった。
なにか違う出来事で自分が浮いてしまうことをおそれて、目立たないようにしようといつも思っていた。目立ったことをしちゃいけないと思った。だから、うんこを漏らした事件は、取り返しようもつかない傷を作ってしまったと、ずっと思っていた。

みんなからシカトごっこの標的にされたこともある。何をやっても話してくれないし、話しても反応しない。こんなことをされるのは自分が悪いんだと思った。他の奴はされていないのに私だけされるには、絶対理由があるに違いないと思った。
どうしたらされないですむんだろうと思った。自分の存在自体が、そうされる要素を持っているんだとしたら、そう考えただけでも恐怖だった。それは、もう対策がとれないからだ。そいつらに、立ち向かったり、怒ったりすることもできなかったし、泣きたかった。
それはすぐ終わったが、いつそれがまたされるんだろうと思うと、余計嫌われないように行動しなきゃと思った。目立つことはしないでいれば、すべて何事もなく時間が過ぎていくだろうと感じた。それを実践しようと強く決めた。
この逃げの姿勢が対人恐怖症を強化してしまうことに。

それまで目立ったことをすると(当然子供の無邪気さで)、それを押さえつけたり、悪口を言う奴が近くに必ずいた。どんどんそんなわけで萎縮していった。
もうこのころから、対人恐怖症や社会不安障害の原因は完全にできあがっていたし、いまなら当然だと思っている。それぐらい抑圧と萎縮と人の顔色を読む反射神経は並はずれていた。

そのときは夢も目標もあった。勉強もスポーツも頑張っていた。
私の父親と母親に育てられれば、症状の度合いは違うけれど、はまってしまう子供になるのは、今はわかる。でも、親は変えられない。いつまでそんなことにくよくよ考えてもしょうがないと思う。
でも、子供の時はそれがすべての世界だったから逃れようがなかったのです。

 

高校生で神経症になるまで

私立中学に入学した。小学校時代の窮屈さやしがらみから解放されるとおもって、少しは希望をもった。電車で遠いところにある中学に行ったので、すべてが変わると思った。でも何も変わらなかった。よけいひどくなった。
中学校自体の雰囲気がなにかどんよりも曇ったイメージだった。年齢の成長もあるかもしれないが、みな疎外感を全面に漂わせていた。心に壁を作り始める年代だ。重苦しかった。何より自意識が芽生える年頃だ。
私に自意識が芽生えたら、自滅するのは今ならよくわかる。

それでも最初は環境が変わり、心機一転の心境だった。でも、クラスの中で派閥を皆作り始めた。そしてその派閥以外のグループとは疎遠の状態だった。だから、孤独感は余計強まった。
私は、あるグループで行動を共にした。そのグループの中では居場所があり安心だった。でも、嫌われたくない、良く思われたいという気持ちは、いっそう強まった。疎遠なグループのメンバーから自分のことが嫌われているんじゃないか、という思考が小学生時代のようにおそってきた。ほんとうに冷たい雰囲気のクラスだった。担任も窮屈な奴だった。
だから、その素っ気ない態度で、余計やばい嫌われている、といつも周りをチェックし、人の顔色を見た。嫌われないようにどうしたらいいのか、どうしたら好かれたり、みんなに受け入れられるんだろう。全神経をつかって、この自意識が芽生える時期に全力でやっていた。小学生の何倍も窮屈になった。
いつも怯えていた。悪口が怖かった。疎外されたり、無視されるのが怖かった。

あることでクラスの奴とけんかした。冷戦状態のけんかだ。理由は忘れたが、お互いに譲れないものがあったんだろう。私もかなり頑固な性格だったし、ここで負けたらアイデンティティがやばい、と思ったのかもしれない。
ともかく、なにか強く思ったら強化してしまうことがあった。それが神経症に結びついているのだが、そのとき、けんか相手に別のグループの奴まで応援した。ショックだった。中立なのに、なぜか相手を応援している。急に弱気になった。惨めになった。
余計クラス中の眼や顔色を伺うようになったし、いけないことをしてしまったという後悔ばっかりしていた。けんか相手の奴がにやついているのをみると、無性に腹が立った。やっぱり私の存在が、そういうふうな存在なのかな、と腐った。
ここであくまでも私の筋を通しきれば、違った結果になっていたことは間違いない。勝手に萎縮してしまって、殻に閉じこもった私の自滅ですね。

高校に入った。がちがちに人前で緊張していた。国語や英語で発表があったり、当てられたりすることがある。中学までは、いやだったけれど、それなりに読めていた。
でも急に声に(のどに)意識が向いた。恥をかいたらどうしよう、という思考がよぎったのかもしれない。急に声がつっかえた。どもるようになった。クラス中の奴が笑った。自分自身、声の震えも気になる。それ以来、教師に当てられることも凄く辛くなった。クラス中のやつらが、当てられるのを期待しているようだった。
実際、クラス討論会があり、しょっちゅう自分に当てられた。惨めだった。奴らの期待は、自分がつっかえたり、声が出なくなって突っ立っていることだけだった。でも、道化のように私は笑っていた。心の中では泣いていた。同情してくれる人もいたが、辛いだけだった。

目立たないようにしようと思っていたことが、自分の症状のせいで目立ってしまうし、嫌われないようにしようと必死で心に誓ったのに、嫌っている奴も(最低限気に入らないぐらいでもいやだった)いたし、みんなから好かれたいのにそれもかなわなかった。
自分を完璧にして、良く思われようと常に考えていたが、行動もせずに頭の中で良く思われようと思っていただけで、ついには自滅してしまった。

細かいことはいくらでもあるけれど、それ以後の自分に比べれば、まだまだ序の口だ。まだまだこのころまでは生きられたし、ハンデはあったけれど、死を予感したことはなかった。
でもこのあとに、とんでもない負担が私の心をおそった。完全に神経症になってしまった。生きられないと思ったし、治る見込みがないと思った。それまでのきつかったが、度合いが今度はもっと違う。

 

神経症の罠に陥ってから(社会不安障害・視線恐怖症・対人恐怖・表情恐怖症・手の震え・どもり・うつ病へ)

高校は周りの人間がどうこうということではなくて、私の中の自分にめちゃくちゃにされた。自分の気にしない、という意識とは逆に何倍も気になってしまう状態になった。
まずは視線だった。人から見られることに異様に恐怖を覚え、見られていると感じるとガチガチに緊張してしまった。頭は柔軟な思考はもちろん、真っ白のパニック状態になった。それはクラス中から注視されている場面になると更に強まった。

だからぎこちなくなったし、挙動不審になったし、クラスからはキョドってる、やばいぞ、顔が引きつっているとよく言われた。言われた自分は昔は反発していたかもしれないが、いまはそのとおりだから、引きつった顔のまま、それを甘んじて受けていた。だから余計惨めになった。愛想笑いをしてしまう自分も情けないと思った。顔の強バリはしたくてしているんじゃない。
でも、緊張したり、自分の顔に意識が向くと、もう余計はずそうとすればするほどこわばってしまった。表情恐怖症と言うべきものかもしれない。神経がとても疲れた。顔が引きつっているぞ、といわれても、無理なんだからしょうがない。おもしろおかしく奴らは言った。

※相互リンクしてくださっているナラさんのブログ 表情恐怖症・笑顔恐怖症! 表情恐怖症から解放された私の記録

自分の視線が相手に恐怖を与えているんじゃないか、とか嫌な感じを与えているんだ、という妄想にちかい強迫観念があった。自己視線恐怖症というものだった。

すでに、がちがちの視線恐怖になっていた。顔のこわばりも、声も、視線もすべて意識が、必要の一万倍以上向いてしまった。自分の全エネルギーがその三つに集中した。正常な理性がはずれ、パニックと恐怖と緊張というマイナスの感情だけが私を支配していた。
人が一人でもいるともうだめだった。相手が自分を見ていると余計がちがちになった。教室ではそれがいつも続いた。言葉で、その苦しさを書けないのが口惜しい。

一番後ろの席に座っていたが、少しは楽だった。みんなの意識の枠からは一番はずれるところだから。そういう意味でははじっこも好んで座った。顔の強バリを意識しているとき、顔が赤いことを気に病む人(赤面症)の存在を知った。その本を読んだ生で、私は赤面症にもなった。もしかしたら人に顔が赤くなる、緊張したり、恥ずかしがっているから顔が赤いんだ、と言われることに恐怖を覚えた。顔が赤い、ともし言われたら、私は生きていけないと思った。身の破滅だと思った。
でも神経への意識が顔に余計向かってしまった。顔が赤いことを気づかれたらどうしよう、いま赤いんじゃないかと怯えた。クラスから聞こえてくる言葉の中で、赤いという、それと似た言葉が聞こえてくると反応した。自分のことを言っているんじゃないか、と思った。
すでに神経症の悩みの思考をコピーして、ありとあらゆる症状に自分を当てはめていた。

それとおなじように、視線や眼という言葉も駄目だった。人の目を見て話せなくなったため(見たら最後だと思っていた。自分の視線の威力が相手にしゃれにならないダメージやきつさを与えているに違いない、と妄想でも事実として自分の心の中にあった)。
何より人の目を見て話せないことが苦痛で苦痛でしょうがなかった。一番劣等感を感じていた。人の目さえ見ることができたら、外見上は変に思われないですむのに、と思った。一方で相手の目を何の意識も起こさずに見られて、楽しく喋っている人がうらやましくしょうがなかったのと、なんでできるんだろうと不思議にさえ思った。
コンプレックスのかたまりの自分は、人が楽しく喋ったりしているのを見て、余計憂鬱になっていった。人の目を見て話せないことを、同級生にさとられたくなかった。もうみんなに変に思われているというのに! 

何にもいいことが無く、ただつらさと苦しさと不安と緊張とやるせなさと劣等感と恐怖と罪の意識をただただ堪え忍んでいた。
当然うつ状態になっていった。一人でいてもまったく楽しくなくなった。昔は一人で遊ぶことがとても楽しかったのに、それすらきつい状態になっている自分に愕然とした。一人でいても、勝手に私の気持ち・心の悩みが私を襲って苦しめるようになった。
もう私が楽になれる場所なんてないんだとおもった。胸の動悸や呼吸に意識が向くようになった。胃も悪くした。これは心因性によるものだった。心身症の状態になった。
心臓の動悸は暴走して、裂けんばかりに胸うち、呼吸もマイナス思考におそわれたときはとても息苦しくなった。つねに心臓の鼓動や呼吸が楽かどうかをチェックするようになった。もう私の神経が私をつねに殴りつけている状態だった。

自殺をいつも考えていた。いっそのこと死んでしまおうと思った。対人恐怖症は、鬱病と違って自殺できない、というが、果たして私が岩波先生と出会っていなかったら、どうしていただろう。死んでしまったいたのだろうか。苦しみ続けたまま今も生きていただろうか、と考える。
治っていることは考えられないだろう。とにかく、睡眠薬を大量に飲むことに決めた。しかし、いまの薬はそういうところは安全にできていると聞き、飛び降りに決めた。でも首つりが一番手っ取り早いということになり、私がこのまま治らずに高校も大学もそのままだったら、その自殺方法に決めた。時々、ロープを作ったりして、試しに首に縄を付けたりしていた。
対人恐怖症で実際に自殺を選んでしまった人は相当な数いると思う。でも誰も対人恐怖症の辛さをわからないから、対人恐怖症で自殺したという直接的原因はわかっていないだろう。自殺したほうがマシなくらい苦しいのが対人恐怖症だと身をもって体験している人じゃないとわからない。
絶対自殺するハメになる前に対策をとろうと思った。だから精神科に電話して予約を取った。
私の症状はその時には本で対人恐怖症で視線恐怖症で、赤面症ということがわかっていた。でも、他の人がそういう状態になっているということを知らなくて、自分一人が、他の人はなることはない病気にかかってしまった、という認識だった。だから治らないかもしれないというおそれがあった。

精神科ではまったく治らなかった。治らないのは当然で、薬の作用は感覚を鈍くしたりして、不安やおそれなどを押さえ込むだけのものだ。
その不安やおそれや神経の暴走は当然私の中のもっと深いところで起きてしまっている。よく使われるのは無意識という奴で、これには普通の状態では絶対手が届かない。そこから対処していかなければだめなんだろうと思い始めた。たくさん本を読んだからだ。
森田療法の本も読みあさった。でもどれもどうしたら治ることは書いてなかった。自己啓発の本も必死に読みあさった。そうなんだろうな、と思う。でもできっこなかった。
とりあえず薬は飲み続けた。体がだるくて眠くて仕方がなかった。医者は信用できない感じだった。でも薬を飲み続けることで、いつかぱっと治るのかもしれないという期待はしていた。今思えば、すごくもったいない時間の浪費だった。薬をどんどん変えてくれたり、量を増やしていったり、強い薬をくれたりした。
それでも、いっこうに症状は治らない。絶望に陥った。薬を飲めば、楽になると思っていたから、症状がまったく(本当にまったく抑えられなかった。少しは抑えられると期待していたのに)良くならないのを見て、やっぱり私だけが取り残されるんだなと感じた。精神科にも幻滅して、通わなくなった。

学校は苦しみながらも通い続けた。変なプライドがあって、学校に通わなくちゃいけないという強迫観念があったのか。
成績は低いレベルだった。もう勉強どころではなかった。早く卒業したかった。両親への手前、そして世間への手前、中退だけはしたくなかった。
こんなことには私はくだらないパワーを使ってしまっていたのだ。あのとき我慢しきれずに中退していたらどうなっていたんだろう。絶対引きこもりになっていたに違いない。後に引きこもり状態になったが、このときの引きこもりは、もう社会への道がまったく閉ざされていただろうと思う。
かといって、家の中にいても親に小言を言われる毎日だろう。岩波先生の心理プログラムに出会っていなかったならば、やばい状況になっていた。人は精神的に転落したら、どこまでも転落してしまう。
でも負けん気だけは捨てなかったと思う。苦しくて苦しくてたまらないけれど、どこかで挽歌視しようという気持は持ち続けていた。自殺を考えながらも。

やっと卒業できた。卒業式は仮病を使いさぼった。中学も高校も大嫌いだった。憎しみすら持っている。いまはどうでもよくなったが、一生こんなとこにはこないと思った。
早く社会に出なきゃいけなくなるときまでに対人恐怖症やそれに付随する神経症の悩みを克服しなきゃと思っていた。でもいい方法なんかまったく見つからなかった。本物に出会えなかった。
一縷の望みに期待をかけて、苦しみの中で生きていた。

あまり期待をかけていなかったが、少しでも対人恐怖症による神経の暴走を沈めようと、自律訓練法のテープ(CD)を購入した。でも何にもならなかった。交感神経の高ぶりは、自律訓練法ごときで抑えられるわけがない。表面上をただなぞるだけのものだ。
もっと私の悩みの深さはとんでもないものだし、自律訓練法で時間を潰すのはもったいないなと思うようになった。最初から気休めでやっていただけだったが、何の役にも立たないことがはっきりした。長続きせず捨てた。

 

対人恐怖症、社会不安障害の罠に陥ってから−大学生

なんとか大学に通い始めた。大学はさぼれるところと聞いていたので、気が楽になった。一人暮らしをはじめた。友達も知り合いも誰もいずに孤独だった。生きていかれるんだろうかと不安だった。
でも、親にうつな状態の私を責められるよりはよかった。そういう面では気持の余裕が少し出てきた。でも、引きこもっていると精神的にやられるし、ますます気分がうつ状態になる危険もあった。

大学時代は症状の面で特に書くことはない。いちいち症状の苦しさを書いていたら、きりがないから。高校時代の神経症の症状の延長とその強化版だから。いわゆる、思考のコピーという奴だ。
絶対大学期間中に治してやると思っていた。ヒプノセラピーや森田療法があることに期待をかけていた。本も余計読みあさった。すこしでも、自分にいいことがかかれてあると、それを慰めにしていた。でも、身に付きはしなかった。知識を得ても私自身の感情まではどうしても説得できない。
インターネットでも調べはじめた。実はこういう症状が異常に多いことに気づいた。でも私が一番きついだろう、という妙なプライドも持っていた。そういえば、プライドが私が、神経症をよくすることの最大の邪魔になっていることに気づいていた。でもプライドはどうしても捨てられなかった。どうしても人によく思われたかった。嫌われたくなかった。プライドを傷つけてしまう出来事を必死で避けていた。

高校時代よりもきつかったのは、マイナス思考が私を襲ってくることだった。それにおそわれたら、もういてもたってもいられないくらい、焦燥感や恐怖やパニックや息苦しさや割ることばかり考えてしまう思考の暴走、自分は生きていていいわけはないという恐慌がおそってきた。
しばらくすると和らぐが、本当にきつかった。一人暮らしだったため気持のはけ口がなかった。時々誰もいないところで大声を出して発散していた。そこまでしないと狂いそうだったから。

自殺をまた考えた。ヒプノセラピーや森田療法で治らなかったらそうしようと思った。森田療法は入院しなくちゃいけないので、通えるヒプノセラピーに助けを求めた。
ただの自律訓練法レベルをやっていた。実にそういうところが多いらしい。しかも、心理療法士のくせに、気にしすぎ、という言ってはならないことまで言われた。気のしすぎのなのはあんたよりもわかっている。でも気にしてしまうんだ、と思った。偽物だった。信用できなくなった。本当に生ぬるい奴だった。こんなもので金を取るなんて信じられなかった。
でも、これが現実だし、いちいち腹を立てていてもしょうがないなと思う。心の悩みは最終的に自分自身で解決するしかないのだから。

もっと実力のあるヒプノセラピストは凄いはずだと思って、別の有名なところ(宣伝をたくさんしているところ)に通った。でも、所詮レベルは変わらなかった。
そのうち、催眠に入れないのは自分の体質だからなんだと思うようになった。そいつもそんなことをいった。本当にたちが悪いと感じた。この催眠の先生は理論ばかりふりかざし、何の症状を改善するヒントも効果も与えてくれなかった。
今思えば、ただ催眠の理論的なものを本で書いて(世間一般では催眠術というのは摩訶不思議らしいから)、駅のホームで宣伝しているにすぎないんだと思う。
今では催眠にかかる状態というのは、脳にギャップが起きた時、感情的になっている時、非常にリラックス状態になっている時になるとわかっているけれど、生半可なリラックス状態で暗示をかけられてもかかるわけないなと思う。もともと被暗示性が低いのに。

次もヒプノセラピーに救いを求めに行った。一回目からこれは駄目だと思った。もう信用できないと思った。口だけは達者で理論武装をしていたけれども、肝心の能力もなければ、カウンセリング自体も下手だし、あんな実力でヒプノセラピーをやったとしても、本当に自分の能力に満足しているのだろうか。患者に申し訳なく思っているのではないか、と思った。
私が催眠にかからない体質だけれど、実はかかったとしても、私のような重い神経症の悩みを破壊したりすることはできないだろう。深い催眠状態でも、暗示をかけたとしてもまったく効果がない。
それよりもはるかに徹底した究極と言っていいぐらいの深い意識の中で、暗示を徹底して入れれば、私でもかなりの効果を得ることができる。これを身に染みて感じた今は、ヒプノセラピーの生ぬるさがに辟易している。プロを越えた本物のプロじゃないとだめだ、と思う。あまりに日本のヒプノセラピーのレベルは低すぎます

ヒプノセラピーに(というよりヒプノセラピスト)幻滅を覚え、あるがまま、の森田療法の入院を決めた。
ヒプノセラピーにしても、森田療法にしても、自律訓練法にしても、その関連本に書かれてある理論は一応納得できる。でもそれを実践できない人ばかり。とにかく入院をした。保証人を立てなくちゃいけなかったが、伯父に無断でなってもらった。
作業を徹底して、悩みのことを入院している人と話しちゃいけない、などの決まりがあり、それを実践していった。動く・作業するということはとても気持ちが良かった。自分の思考がおそってくることは少なくなった。環境が変わったからと言うこともあるだろう。行動すれば悩む思考を停止できると悟った。だから引きこもってずっと考えていたんじゃ悪化するだけと気づき、これは後に栄養になってくれた。
でも、大学に戻ったとき、対人恐怖症、社会不安障害が克服できる、という実感がまったく湧かなかった。自分もあるがままができるんだろうかと思った。そして退院となった。
変わっていて欲しい、という不安を伴った願望を胸に病院を出たが、まったくだめだった。気が楽になったが、すぐ重くなった。何にも変わっていない。
今までしてきたことすべてを持ってしても、私の社会不安障害・対人恐怖症を好転させることができないんだと思った。
いかに、あるがまま、が難しいか、憂鬱になった。あるがままの心境になっていたら、何にも変わっていないという思考は湧かないだろうから、こちらの修行不足もあるんだろう。なんでも人のせいにするのは良くない。
でも、当時はうつ状態に拍車がかかった。期待への反動で悪化したように感じた。

まだ死にたくなかった。自殺が怖かった。対人恐怖症、社会不安障害を克服して、のびのびと人生を送りたい。私のもてる実力をフル発揮したい。
とにかくすべての治す手段を失った私はインターネットをむさぼるように見た。悩んでいる人はとても多く、自分の症状に似た人もたくさんいる。でも、治った人はインターネットをやっていないのか、と思えるほど、そういう体験談はなかった。
自分の一番欲しい、治った人の情報はまったくなかった。やっぱりこのまま神経症が治らないんだな、と思った。掲示板では煽り行為、誹謗中傷、泣き言ばかり。

悩んでいる人の掲示板の書き込みは、見るのも辛かった。みな出口が見えなくて、もがき苦しんでいた。すねていた。醜いと思った。混乱していると思った。惨めだなと思った。みんな出口が見えずに苦しんでいると思った。
これはそのまま私自身に当てはまることだから笑えない。悩みごっこをしているとも思えた。誰かが、たるんでいるから悩む、と言う書き込みがあって、それにショックを受けた女性が、自殺する、みたいなことを書いていた。みんな必死で止めていた。
それを読んでいると、自分がむなしくなった。その女性は自殺せずに掲示板の書き込みに復帰していた。そして、傷をなめてもらおうと、また惨めな気持ちをはき出していた。そんなことを見ていると嫌になった。まさに私が、その女性と同じ症状だからだ。

今思えば、よくなっている人もたくさんいる。それは私もそうだし、私の通った岩波先生の心理プログラムでも対人恐怖症克服者たくさん見ている。克服した人は、インターネットで悩みのところを見る必要がないから、見ないわけだと、今は思う。もっと別の希望のある人生ができたから、見る必要を感じない。掲示板を見るって事は、停滞してずっと同じ場所にいるってこと。
良くなった人はどんどん自分の可能性にチャレンジしているから、停滞していない。それに難しく考えていない。デートや遊ぶことが楽しいし、仕事も頑張れるから

とにかく本物の心理療法を探し求めていた。圧倒してくれるぐらいの本物を探していた。圧倒してくれるといっても、宗教とか前世療法とか本当に胡散臭く感じていた。あんなものに頼っちゃおしまいだまで思っていた。
でもどこかにインターネットにはあるかもしれないと思った。かすかな希望を探し求めて、悩んでいる人だらけのインターネットの世界を探し続けた。人がそれだけいれば必ずあるはずだと。

あるとき、たまたま対人恐怖症、社会不安障害などが治った人の体験記を読んだ。私は、必死の思いでメールを送ってみた。これは! と直感で思ったからだ。

 

 

神経症克服プログラム(岩波先生の神経症克服技術)との出会い
すべてはメールから始まった。書かれてあった内容はいまはもうはっきり思い出せないけれど(それだけ私の頭は混乱していたのかもしれない)、私はこれだと思った。これしかないと思った。
その能力がある岩波先生に会いたいと思った。でも別の考えがよぎった。でも、自分ではまた駄目だろうな、と思った。他の人は良くても私だけは無理だと。

その希望と不安が入り交じった中、その方にいろいろと教えてもらった。対人恐怖症で克服経験のある方だった。生い立ちなど私に凄く似ていてびっくりした。同じ悩みの人はいることは知っていたけれど、生い立ちまで凄く似ているのは驚いた。似たような環境から似た症状になるものだ。
同時に希望が出てきた。その方が、治ったんだから私もできるかもと思った。大丈夫とおっしゃってくれた。でも料金は4*万円だった。とても自分には払えない金額だった。(仕送りをいままではいろいろとヒプノセラピー・森田療法に費やしてきた。もっと早く知っていれば、と思った)。

とにかく先生と話をしたかった。でも、予約が取れないらしい。かなり先まで待つとのことだった。でもどうしても受けたい気持ちがあった。絶対お金を貯めます、と真剣に頼んでみた。
もう父親にいってお金を借りようと思った。特別に岩波先生という方の連絡先を教えてもらった。電話で話した。これはもう間違いないと思った。これは直感だった。本物だと感じた。この人はなにか自信がありそうだし、自負心を持って生きている。そしてこの直感はあたっていた。
私の想像の何百倍も、通ってから本物だと感じた。。まだ先生の能力を目の当たりにもしていないのに、もうやる気十分だったのは何でだろう。自分はこのときカケに出ていたのかもしれない。
これが駄目なら終わりだとまで思っていた。命を投げ出すぐらいの気持ちだったから、なにか感覚的な鋭さが出たのかもしれない。わからないが、何かがわかっていた。本当に実力のある先生だと言うことが。
理性で判断した者じゃなくて、動物的な本能で判断したのかもしれない。フィーリングがあったのは間違いない。(Act2に進む)

このページのトップへ戻る


第二部に進む(私の神経症が治るまでの体験談について)

神経症が良くなりたい方はこちらまで。岩波英知先生のセラピーについても(お気軽にメール下さい ノブ)

Dr.Strangelive  または私は如何にして神経症で苦しむのを止めて自分を愛するようになったか のホームページに戻る