<

神経症克服プログラムことプレミアセラピー回想記と鬱とパニックの手記

岩波英知先生の瞑想神秘体験とパニック障害、広場恐怖症、うつ病体験記

パニック障害、広場恐怖症克服とうつ病克服体験談と岩波英知先生の心理療法

パニック障害克服 鬱病克服の手記カリスマ岩波先生との出会い

ただし、電車に乗れない為、通うことは難しいと思った。

車で通ってもいいが、スケジュール的に、忙しい岩波先生と出会えることは難しいようで(初回をのぞき)、先生に特別に来ていただいた。
※今では来てもらうことは不可能だと思う。

そこで心理セラピー(心理脳内プログラム)を受けた。

初回、岩波先生にお会いした時。

私みたいな立場の人や、心に悩みを抱えた精神科医や心理学の教授すら来るという。

よくそういった人たちを先生が出張して、特別にセラピーを行っているらしい。

プログラムセラピーの説明を受け、とても論理的で、また感動すらした。

私は社長業を長くやっていたからわかるが、「あるもの」を持っている人だった。

つまり、セラピストとしてではなく、人間として、どこでも大成功を収められる超一流の人間だと言うことだ。

何か違う、というものをもっている人だった。

カリスマ性を感じた。

社長業をやっているとカリスマ性を持っている人がたくさんいる。

でもそれ以上に感じた。何も私がクライアントだからそう感じたわけではない。

この人はどんな人間を相手にしてもぶれることは絶対ない、そして信頼できる人だとわかった。

私は人の目を見ることだけは確かだった。

先生としてではなく、人間として好きになったし、尊敬、いや畏敬の念が生まれた。

あんな短く話しただけだったのにだ。直感はすべてを凌駕する。

短時間で私はあそこまで人とうち解けたことはなかった。

非常に明るく元気でジャックナイフのような切れ味を持った人だ。

鬱病克服とパニック障害克服の手記次を読む

鬱病克服とパニック障害克服の手記

  1. 順調だった(?)人生から神経症に陥って(うつ病)

  2. 突然パニック障害・広場恐怖症になる

  3. 精神科医に相談と行き詰まり、自殺願望・希死念慮

  4. これ以上ないカリスマセラピストの紹介を受ける

  5. カリスマ岩波先生との出会い

  6. 想像以上の神経症克服プログラム

  7. 鬱病とパニック障害、広場恐怖症が良くなる

  8. なぜ私は神経症(鬱病やパニック障害)になってしまったのか?

  9. 心の悩み、神経症の怖さ、決意したこと

  10. 瞑想・座禅・禅寺の体験 岩波先生の下での宇宙的超感覚的神秘的瞑想体験

 

 

プレミアセラピー回想記と鬱病とパニック障害の手記トップページに戻る

sitemap